top of page

【お知らせ】クラウドファンディングの募集を開始しました

『骨盤底筋トレーニング機器』 のクラウドファンディング募集を開始しました。












本ファンド事業は、便秘や便失禁等の排便機能障害に苦しむ患者への有用な治療方法である骨盤底筋リハビリテーション療法の普及に貢献する機械を開発・販売する事業であり、肛門疾患の治療を主に行なっている錦織英知医師(大阪中央病院)からの提案に基づく事業です。錦織医師からコメント動画も掲載しておりますので、ぜひご覧下さい。


排便機能障害は誰にでも現れる可能性があり、特に加齢とともに患者が増える普遍的な身体機能障害です。ですが、通院や治療に強い羞恥心を伴うため、治療を受けている方が少ない症状でもあるのです。 皆さまからご出資いただいた資金は、自宅で手軽に骨盤底筋トレーニングを行える機械の開発費用として活用いたします。





【記事掲載】Forbes Japan

TOLIC関連記事がForbes Japanに掲載されました。 岩手から発信する医療ベンチャー集団がファンドを組成して第2ステージへ | Forbes JAPAN 公式サイト

【記事掲載】日本経済新聞 2024年5月15日

地域ファンドのFVC Tohoku(盛岡市)は15日、同社が無限責任組合員となって新ファンド「Tohokuライフサイエンス・インパクトファンド」を設立しました。新ファンドは医工連携団体のTOLIC(トーリック、盛岡市)と連携し、ライフサイエンス企業への投資と育成を進め、15日に発足したスタートアップ企業の育成会社、T-Mentors(盛岡市)が経営支援を担います。 https://www.nikk

【記事掲載】日本経済新聞 2024年5月13日

(株)アイカムス・ラボ、セルスペクト(株)、(株)アイ・モーションテクノロジー、(株)The IT Labが開発し、当社が海外展開事業を手掛ける事業について日本経済新聞に掲載されました。 本事業は、唾液だけでがんリスクの検査ができる新手法を開発したもので、各社の技術により検査をワンストップで自動化・簡便化しました。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC01

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page