top of page

【新製品】販売開始のお知らせ

本日、弊社の新製品である骨盤底筋トレーニングシステムの販売を開始しました。

本システムは、肛門疾患の治療を行っている、えさか駅前にしごりおなかとおしりのクリニックの錦織英知医師からの提案に基づき、便秘や便失禁等の排便機能障害に苦しんでいる医療課題に対して、大阪工業大学名誉教授の小山富夫先生の骨盤底筋計測技術を活用することで課題解決する「医工連携」により製品開発したものです。


排便機能障害は誰にでも現れる可能性がありますが、現状は患者さんが通院や治療に強い羞恥心を伴うため、治療を受けている方が少ない症例です。そこで、自宅で手軽に骨盤底筋トレーニングを行うことで、排便機能障害に悩む患者さんの悩みを改善する製品を開発いたしました。今後、国内はもちろん当社の強みを生かして海外にも展開して、世界の医療課題の解決に貢献することを目指します。


製品資料は下記からダウンロードできます。

【記事掲載】Forbes Japan

TOLIC関連記事がForbes Japanに掲載されました。 岩手から発信する医療ベンチャー集団がファンドを組成して第2ステージへ | Forbes JAPAN 公式サイト

【記事掲載】日本経済新聞 2024年5月15日

地域ファンドのFVC Tohoku(盛岡市)は15日、同社が無限責任組合員となって新ファンド「Tohokuライフサイエンス・インパクトファンド」を設立しました。新ファンドは医工連携団体のTOLIC(トーリック、盛岡市)と連携し、ライフサイエンス企業への投資と育成を進め、15日に発足したスタートアップ企業の育成会社、T-Mentors(盛岡市)が経営支援を担います。 https://www.nikk

【記事掲載】日本経済新聞 2024年5月13日

(株)アイカムス・ラボ、セルスペクト(株)、(株)アイ・モーションテクノロジー、(株)The IT Labが開発し、当社が海外展開事業を手掛ける事業について日本経済新聞に掲載されました。 本事業は、唾液だけでがんリスクの検査ができる新手法を開発したもので、各社の技術により検査をワンストップで自動化・簡便化しました。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC01

Comments


bottom of page